HOME > ARKブログ > アーカイブ > 生活にアロマ

ARKブログ 生活にアロマ

チェリーセージが良い香り

今時期はセージのお花が咲くにはまだ寒くて、葉っぱだけですが

 

剪定して花瓶に飾ったらお部屋いっぱいに甘い爽やかな香りが広がって、

 

それはそれはアロマな空間になりました。

 

 

  P1030190.jpg


食べ過ぎて胃の調子が悪い時は

  トリートメントが良いです。キャリアオイルにペパーミントとレモン、ローズマリの

精油を混ぜてお腹の周りを時計周りに撫でるようにマッサージするとスッキリしてきます。

  これらの精油には、肝臓の強壮作用があり、消化促進する作用が有るため、げっぷ、むかつき、

食欲不振等で重苦しい時に役立ちます。

ローズマリーには血液中のコレステロールを下げる働きもあります。


トイレのお掃除にアロマな香りを

トイレ掃除には、除菌と芳香が欲しいですね。

精油はティーツリー.ユーカリ. ラベンダー.レモングラス.ローズウッド等、

殺菌消毒作用が有り香も良いので、ティーツリーに2~3種類で組み合わせて

使うと良いですね。バケツ1杯にティーツリーは3~4滴あとは好みで1~2滴。

とても清涼感のある気持ちの良い空間になります。

 


足が疲れてパンパンになってしまったら

  足が浮腫んでつらい思いをしていたら。

グレープフルーツの精油がおすすめです。

足をトリートメントしても良いですし、フットバスに1~2滴

たらして足を浸けるのも良いですね。

  グレープフルーツには、水分のうっ滞を除去する働きがあります。

利尿作用により余分な水分を排出し、浮腫みには大変役立ちます。

香りも柑橘系のスッキリした香りで、癒されます。


寝つきの悪い夜はラベンダー

  ラベンダーには心を穏やかにしてくれる作用があります。

ストレスで胃の痛い思いをしたり、落ち込んでしまった時にラベンダーの香りは

とても役に立ちます。体や精神のバランスを取り戻してくれる精油なのです。

  色々と考えてしまって寝付けない時には、精油を1~2滴ティッシュなどにたらし

枕元に置いて休むと、精油の芳香成分の働きで心地よい眠りにつく事ができます。

 


1

« 新着情報 | メインページ | アーカイブ | 精油辞典 »

このページのトップへ